キャッチコピーの作り方/ 絶対に必要なルール ②

お客様の欲求を満たすキャッチコピーは強い!!

キャッチコピーで大事なことは、ターゲット層のお客様に「自分に関係することだ」と感じてもらうことです。

大量のチラシやWeb広告の中からお客様がを選ぶとき、ポイントは2つの欲求にわかれます。

  1. 悩んでいることから逃れたい欲求
  2. こうしたいなという願望の欲求

①と②で、どちらが購入に結び付きやすいかというと、①の早く解決したいという欲求の方です。

あなたの売りたい商品やサービスはどちらに入りますか?

 


欲求に関する事例 1 やせたい・カッコ良くなりたい!!(逃れたい欲求)

 

悩みの代表格「肥満」と「健康」、ライザップはダイレクトに使用前・使用後を見える化して成功しました。

 

あなたの未来を変える

これって、最高のキャッチコピーですね。

この動画を見て、思わず痩せた自分を想像してしまいます。

また「あなた」と呼びかけることで、「えっ、私のこと?」と思わせテクニックも使っています。

 

このように

悩みを解消させる商品を売る場合は

「この商品やサービスを使ったら、自分はどのようになるのか」を

ダイレクトに見せる ことが効果的です!!

 

欲求に関する事例 2 お料理が上手になりたい !! (願望の欲求)

お料理が上手く作れるようになりたい!!
英語が話せるようになりたい!!
メイクで10歳若く見せたい!!

人には 願望の欲求(こうなりたい欲求)山のようにあります。

私にも「おいしいものを食べたい」から「宇宙旅行がしたい」まで

実現不可能なものをも含めてたくさんあります。

この願望の欲求の特徴は、逃れたい欲求に比べて「時間的・精神的などに余裕がある」ことが多いです。

たとえば、好きな俳優のDVDがほしいけれど、

ネットでポチる(購入する)のは、「今日でも」「1か月後」でもイイわけです。

でも、お腹が痛くて仕方がないとき、必要な胃腸薬は「今、ほしい」のです。

林先生じゃないけれど、ほしいのは今!!

だから、願望欲求のサービスや商品を売るには、動機づけるテクニックが必要です。

次回は、このテクニックについてお話します。

また、読んで学んで下さい。

次回のテーマは、「売れるキャッチコピーのコツ」について

最新情報をチェックしよう!