人生の第4コーナーをまわったところ。 「楽しみ」ながら 「前向き」に そして ちょっぴり反省するブログです!

伊藤登代子の本当の起業物語No.13

  • 2020年12月12日
  • 2021年4月22日
  • 起業物語
  • 11View
  • 0件

  ベンチャー企業に向いている人

無から有を生み出す、新しい分野のベンチャーには向いている人には「3つ特徴」があります。

 

(1)あらゆる変化を楽しみに変える人

(2)自ら作り出していくことが好きな人

(3)困難を自分で受け入れる器のある人

もう一つ加えると、「ありえへんほどポジティブな強い心」を持つこと。

これは「自分の描いた夢を簡単に捨てない!!」ことにもつながります。

 

「逃げない・あきらめない・前向きに考える」➡自分の成長に繋げる。

 

これを続けてきた人たちが、「成功者」に繋がっていきます

※私は、まだまだ途中ですが(笑)

早いもので、起業して20年以上も経ちますが、

私の場合は、「夢をあきらめない強い意志」と「困難から逃げない姿勢」が一番大切だったように思います。

 

最近は、起業をサポートする事業が流行っています。

起業をしたことのない方が、起業をしている人をサポートするってどんなことをするのでしょう?

事務的なサポートだとできると思いますが、社長の苦悩は、社長になったことがある人しかわかりません。

「起業」をはじめたら、信頼できる先輩起業者にアドバイスもらうことをお勧めします。

私も、先輩の女性経営者から現実的なアドバイスをたくさんもらい、とてもありがたかったです。

「起業」というのは、

「もっともやりがいのある、厳しい働き方の選択」だと思っています。

決して、生半可な気持ちでトライするものではありません。

最新情報をチェックしよう!