人生の第4コーナーをまわったところ。 「楽しみ」ながら 「前向き」に そして ちょっぴり反省するブログです!

伊藤登代子の本当の起業物語No.13

  • 2020年12月12日
  • 2021年4月22日
  • 起業物語
  • 9View
  • 0件

先端を走る女性たちとの出会い

大阪での講座は、先端をいっていたもので全国からアンテナの高い人が集まってきました。

年齢も職業も出身地も違うそれぞれ自分を成長させるために集まった女性たち。

私は、こんなに自分をもって凛として生きている女性たちに出会えたことに感謝しました。

数回のセミナーを重ねているうちに、情報交換をしたり出張の時にオフィスにお伺いしたりと交流を深め、気づいたら広く全国のネットワークが作られていました。

彼女たちの共通特徴は、「自分を必要以上に大きくみせない」「本音で話す」「オンナを売らない」の3点です。

多分、自分と気が合う人たちだからそんな感じになったのか、ベンチャーの女性社長だからそうなのかは不明ですが、私には本音で語れる心地よい仲間です。

 

誰からの支援なく、新しく立ち上げた女性社長たちが直面するのは、「資金力・組織力・社会的信頼性の無さ」です。

世の中はベンチャー起業家に対して、疑心暗鬼で見ていました。既存の仕事ではない、新しい分野に

「女性の社会的地位の低さ」がダイレクトに反映します。

私が、会社設立時に法務局でお使いの事務員に間違えられ「委任状もってこんかい」と言われたように、

 

 

最新情報をチェックしよう!