伊藤登代子の本当の起業物語No.11

  • 2020年12月10日
  • 2021年4月22日
  • 起業物語
  • 5View
  • 0件

新しい出発、会社設立に向けて歩き出す

 

有限会社を10日で作ろう!!

当時、ライブドアのホリエモンこと堀江貴文さんや楽天の創設者三木谷浩史さんが「ITベンチャー起業家」として、 話題の中心になっていました。

都会で起業するエリートの彼らと、地方で起業する「主婦あがり」の私とは全く住む世界が違い、個人的には別物と考えていました。

ただ、今までは中高年のおじさんたちが牛耳っていた経済界に、ITという新しいツールを持って挑戦する姿には、なぜかワクワク感がありました。

特に、近鉄球団やフジテレビを買収したいなどと言い放っていた堀江氏には、世間の反感も強かったのですが、

その後、ITゲーム会社が球団を持っているのですから、彼の行動は異質なことではなく

「時代が早かった」と言えるのでしょう。

最新情報をチェックしよう!