伊藤登代子の「本当の起業物語」No.1

  • 2020年11月29日
  • 2021年4月22日
  • 起業物語
  • 2View
  • 0件

起業とは

メディアが言うようなカッコイイものではなく、

私の場合は、「地獄の3年・気づきの5年・安定の10年」 

だったように思います。

そして、地獄の3年までに、

多くの起業家は姿を消していくという時代でした。

 

インターネットも携帯電話も普及していないおよそ20年前。

私は、女性の自立支援NPO「あいむネット」を立ち上げ

三重の「女性起業家」代表と言われていました。

※本人は全然知らず、後から人伝に聞いたことですが・・・。

最新情報をチェックしよう!