伊藤登代子の「本当の起業物語」No.7

「私たちは、怒っていい!」と発言できる幸せ

40年間に変わらなかったこともありますが

素晴らしく進歩したこともあります。

SNSを通じて、女性たちが声を上げていることです。

彼女たちの溢れ出るツイートに喜びを感じ、

変わらない差別の現状に、

私たち、先輩女性は、

「今まで、何をして、何をしてこなかったのか

自分自身に、問い直す機会にもなったように思います。

男性だけが悪いのではありません。

わかっているけれど、男性のご機嫌を気にしながら

「女性差別」という言葉を避けてきた女性たちが

この国にはたくさんいました。

「自分に被害がなかったらいいや」

今まで放置してきた女性たちも、

この国が変わらなかった要因の一つです。

最新情報をチェックしよう!