伊藤登代子の本当の起業物語No.9

三重で初めての「女性のための起業本」発行

2003年6月、三重の女性起業家30人を取材した「夢をかたちにした女性(ひと)たち」を出版しました。

出版のきっかけは、設立当初に、大阪で出会った先輩経営者に言われた言葉でした。

「伊藤さん、あいむネットが5年続いたら、本を出しなさい!」

当時、彼女の意図する意味はよくわかりませんでしたが、

単純な私は、

「よし、5年間、組織を守れたら本をだすぞ~!」と思っていました。

彼女が「本を出しなさい」と言った意味

今では、彼女の意図が理解できます。

彼女は、いつも私に言っていた言葉があります。

・あなたが今からやることは、三重では5年早い。

・だから、あなたを理解できる人は少ないし、きっと苦労する。

・でも、それをやり遂げたら「次の女性たちの指針(ロールモデル)になる」」

・良いことも、辛いことも記録に残して、本に残して伝えてあげて、

これからの女性たちのために!

そして、1997年に起業、6年後の2003年。

私は、「夢をかたちにした女性たち」を出版しました。

最新情報をチェックしよう!